法然寺廊下絵制作 松山〜東京 車の旅一部始終 その1

0
    東京に戻って一週間、やっとブログアップです。 先月末からの怒濤の、いや思い出の旅!
    記述したい事がてんこ盛りなので徐々に、いろいろ分けてご説明致します。 
    作品および公的な記録はこのサイトで。プライベートな、または危ない発言等はヒデキチネットにて。 http://www3.net-web.ne.jp/chinami/scripts/hs/bbs.asp
    いや〜こんな面白い、いい旅が出来るとは思いもしませんでした。

    予定は9/25から約1週間故郷、愛媛県北条市にある『法然寺』の壁画制作。お寺に住み込みずうっと
    描く予定。が、仕上がり日はこの時点では未定!出来るまで滞在予定。
    1年前から依頼されてたこの仕事、楽しみにはしてたものの帰る日まで全く構図が見えず!
    構想はずっと前から『仏像を僕のタッチの墨で描く』と、漠然とあったものの 具体的なモチーフはまだ漠然としたまま。

    やっと時間がとれ、その為に車に画材一色を載せ東京から松山まで予定
    12時間のドライブ。思いのほか一気に神戸まで走ったので、そのまま瀬戸大橋を渡り、(僕が学生の頃はなかった。宇高連絡船という船で帰ってた。
    余談ですがこの船の甲板にあったうどん屋は伝説のうどん屋。このうどんの為にこの船に乗る客もいた。)
    四国の香川県で一泊する事に決定。 なぜもうすぐ愛媛なのに香川に一泊したか。
    (それはヒデキチネットBBSにて) 次の日早朝、車ならではの『さぬきうどんのはしご』を名店マップ見ながら
    堪能。愛媛もうどんおいしいけど、さすが隠れた名店多し!はじめて香川県が羨ましい!と思った。
    さぬきうどんって、コシがある=固いではないんですよ(タモリ氏もそう勘違いしてるけど)やわらかいうどん
    もある!けどコシがある! ま、僕は角張るくらいの固い麺が好きだからいいんですけど。 とにかく行ったどの店も
    特徴あっておいしかった。(が、映画『UDON』は見る気なし松山で『フラガール』見ました!ベタですがこんな何でもない話を
    王道の演出と最高のキャスト、演技で魅せられた!) 色んな意味で、後ろ髪引かれつつ
    のほほんと車での旅を楽しんでた僕でしたが、お寺に到着したとたん一気に邪念が吹き飛ぶ! 
    ずっと仕事を撮ってくれてるあいテレビのM氏や、10月1日に出演予定の番組の愛媛朝日テレビのスタッフさんたちが
    すでに到着していてまだなにも描かれてないパネルと僕との対面を撮るべくスタンバイ。
     なんと、これから格闘する 廊下の絵の為の画仙紙が綺麗に貼られたパネル(巾1m40×高さ1m70)が
    ずらりと6枚 お寺の一番広い畳の部屋に並んでる!!!こ、これはでかい!
     横に並ぶと『これは一週間ではいくら早いと言われてる僕でも無理!』と ビビる! 
    『テーマは?』『描く意気込みは?』『一週間足らずで描けますか?』『構成は?』 矢継ぎ早に繰り出される質問に
    用意してた答えはあったものの、真っ白い大きなパネル6枚を前にして、僕の頭まで真っ白に!!
    『何も考えてません』『いや、一週間では無理かも』 焦るテレビスタッフの方々、 微笑む住職!
    どうする〜!俺っ! (続く)

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    茂本ヒデキチ公式サイト

    selected entries

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:312 最後に更新した日:2016/07/27

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM